建築士

法規

(建築士法2)建築士事務所の業務

前回に引き続き建築士法についての解説です。今回は建築士事務所がこの時期に行う業務の紹介です。 (建築士法1)建築士が異動の時期にやらないといけないこと 建築士事務所の事務 建築士事務所の業務は建築士法第23条〜第27条に規定があり...
法規

(建築士法1)建築士が異動の時期にやらないといけないこと

4月は多くの会社で人事異動や転勤、転職の時期ですね。建築士が転勤や転職する場合、建築士法に基づき色々と手続きをしないといけません。建築士試験の過去問にも出題されているので、解説したいと思います。 建築士法の出題傾向 1級建築士試験で...
法規

(1級建築士)ゴルフ場のフェンスは工作物に該当するか?

昨年の台風15号で、ゴルフ場のフェンスが倒壊する事故がありました。 市原ゴルフガーデン鉄柱倒壊事故 このような大型のフェンスは、何に基づいて設計されているのでしょうか。法律上の扱いを解説します。 結論:建築基準法上の工作物に該当す...
法規

2020年3月建築士法改正の内容を解説します(受験資格の変更と設計図書保存)

建築士法が改正され、2020年3月2日に施行されました。改正内容のポイントを解説します。 改正ポイント① 受験資格の変更 今まで建築士試験受験時に必要であった実務経験が、免許登録時の要件に変更となりました。これにより、とりあえず試験だけ...
意匠

(1級建築士)座席の寸法

先日オープンした新国立競技場ですが、以下の記事のように早速色々と不満が出ているようですね。 建築士試験で競技場の席の幅というテーマでの出題はほとんどないと思われますが、劇場なども含めた席の寸法に関する問題は「計画」分野でよく出題される...
構造

(1級建築士)構造計算ルート

構造計算は、建物の規模に応じて様々な方法があります。どのような方法で構造計算を行うかを「構造計算ルート」といいます。構造種別によって違いがあるのですが、まずはその概要を整理します。 3つのルートによる構造計算 構造計算のルートは主に3つ...
構造

(1級建築士)保有水平耐力計算に使う形状係数

建物のバランスを表す指標として、剛性率と偏心率というものがあります。剛性率が大きいほど、また偏心率が小さいほどバランスの良い建物と言えます。 一方、バランスの悪い建物でも、それを考慮して必要な耐力を確保していることを検証するという方法...
構造

(1級建築士)建物の水平方向のバランスを表す「偏心率」

建物の高さ方向の揺れを表す剛性率に対して、水平方向をバランスを表すのは「偏心率」を使います。 偏心率とは? 偏心率は、建物の水平方向を表す指標で、以下の式で定義されます。 Re = e / re ここで、Reは各階の偏心率、...
タイトルとURLをコピーしました